神奈川県は、関東地方の中でも人口の多い県になります。日本でも東京、大阪に続き3番目に人口が多く県内の中で横浜市や川崎市は賑わっているのが特徴です。最近になり人口が増えている理由は、都心部に人口が集中しており、それにより都心部に近い神奈川県も影響を受けているからです。東京に不動産を購入するよりも、その周辺に住んだほうが安くなるため人口が増えている傾向が見られるわけです。そんな神奈川県にはたくさんの不動産があります。人口が増えていることにより、県の中心部は土地の値段も高くなり、以前に比べると不動産を購入する場合は、お金についてよく検討しなければなりません。売却をする場合は、購入した時よりも高く買い取ってくれる可能性もありますので、迷った時は不動産会社に見積もりをしてもらうのが良いでしょう。

借りる場合の特徴はどのようなものか

賃貸物件を借りる場合の特徴ですが、横浜市や川崎市では高層マンションが増えている傾向にあります。高層マンションは、20階建て以上のマンションを指しますが、駅のそばなどはまとまった土地を確保することが難しいため一戸建て住宅を建築してもあまり多くの住人が住むことができません。土地問題を解決するためには、一戸建て住宅を分譲するよりも、高層マンションを一棟建てたほうが、たくさんの人が住むことができ、人口問題を解決することが可能です。同じ面積で、一戸建て住宅であれば50人程度しか住めないところに、高層マンションであれば数十倍の人たちが住む事も可能です。ただ、中心地から外れると高層マンションのような建物は少なく、中規模や小規模のマンションが多くなります。賃貸物件よりも持ち家が多いのが特徴です。

物件を購入する場合に気をつけたいこと

物件を購入する場合、注意をしたいことは海沿いの物件であれば、災害の時にどのように対処するかです。最近は地震が多く災害対策に注目が集まっています。神奈川県は海沿いにあるため自然が多く魅力的ですが、大きな地震が起きた場合の災害の被害にあいやすい点が問題です。しっかりとした高台に住宅があれば問題ありませんが、そうでなければ、玄関を高くするか、背の高いマンションに住むなどの対策を考えておきましょう。通勤や通学を考慮して中心部の一戸建てに住む場合は3階建ての住宅が多くなります。中心部であれば分譲住宅の購入することができる面積が少なくなるため、横に広げる事は難しくなります。この場合は、縦に広げざるをえません。駐車場は車1台しか止めることができない物件も多いですので、二台必要な場合は駐車場を借りるなどで対処しましょう。

会員登録をしていただくと、プレミアムサービスとして会員様限定の非公開物件もご覧になることができます。 一つ一つ吟味して取り揃えた最高品質の物件をご提供いたしております。 約95%という圧倒的な入居率を誇り、お客様をトータルサポートいたします。 押し売り営業は一切ございません。お客様を第一に考えたサービスをご提供しています。 ご成約いただいたお客様の生の声を掲載しております。 神奈川の不動産ならお任せください